定期航路

京都舞鶴港内外貿航路

内貿航路は、小樽との国内最速フェリー航路が毎日就航しており、関西のみならず、中国・四国と北海道をデイリーで結び、きめ細かな物流に迅速に対応するなど、ビジネス、観光に重要な役割を果たしています。
外貿航路は、韓国(釜山)航路が週2便、中国(大連・青島・上海)航路が週1便、日韓露国際フェリー航路が週1便、ロシア航路が月1~2便就航しています。
コンテナ貨物、RORO船、国際フェリー等多様化するニーズにこたえ、対岸貿易の拠点としての機能を十分発揮するべく、施設・サービスを充実していきます。
関西経済圏と対岸諸国とをつなぐ高速海上輸送ネットワークを構築するとともに環日本海クルーズの誘致など、さらなる日本海側のゲートウェイ機能を強化します。

航路図

外貿航路の概要

内貿航路の概要

ページ上部へ戻る