ロシア航路

TSCS航路(トランス・シベリア・コンテナ航路)休止中

京都舞鶴港は、1958年(昭和36年)に北洋材の輸入第一船を迎えて以来、北洋材を中心とした木材の輸入基地として発展してきました。 また、1989年(平成元年)には、ロシア・欧州・中近東をシベリア鉄道で結ぶトランス・シベリア・コンテナ・サービス(TSCS)の寄港地となり、複合一貫輸送の拠点として、重要な地位を占めています。

ナホトカ定期航路 休止中

京都舞鶴港は、1958年(昭和33年)日本とロシアを結ぶ唯一の定期航路であるナホトカ定期航路(ジャパン・ナホトカ・ライン)の寄港地に指定されました。 この航路は、京都舞鶴港とロシアを結ぶ貿易の窓口として重要な役割を果たしています。

ウラジオストク航路(RORO船/月2便程度)

京都舞鶴港ーロシア ウラジオストク港間では、RORO船も運航しています。

ページ上部へ戻る