日韓露国際フェリー航路

日韓露国際フェリー航路について

ロシア・ウラジオストク港、韓国・東海港と鳥取県境港を結ぶDBSクルーズフェリー航路が、2015年7月から京都舞鶴港まで延伸されました。フェリーは、高速性・定時制に優れた輸送手段として、注目されています。

<特長>

高速性・定時性の実現(韓国まで1日、極東ロシアまで2日間

規格外貨物の受け入れ(コンテナに入らない大型貨物、パレット単位での輸送が可能)

寄港日

入港:毎週金曜日21時 出港:毎週土曜日9時

運航船社

DBSクルーズフェリー株式会社(本社:江原道東海市)

海外寄港地

韓国・東海、ロシア・ウラジオストク

所要日数

韓国・東海       輸入・輸出:1日

ロシア・ウラジオストク 輸入・輸出:2日

運航スケジュール

東海(日)-ウラジオストク(月・火・水) -東海(木) -境港(金)-舞鶴(金・土) -境港(土) -東海(日)

運航船舶

M.V.Eastern Dream(イースタンドリーム号)

・総トン数:11,478トン ・運航速力:20.15ノット

・全長140m ・幅20m ・輸送能力:旅客定員530人(船員50人含)

・貨物積載量:車150台、コンテナ130TEU

ご利用料金等、詳しくは港湾荷役代理店のご案内から各業者にお問合せください。

DBSクルーズフェリー      
    DBSクルーズフェリー

 

 

ページ上部へ戻る